競売物件を手に入れるなら
見ておくべきポイント!

3点セットについて

3点セットとは、競売物件の入札をする上では欠かせないアイテムだと言われています。この3点セットは現況調査報告書・評価書・物件明細書の3つが合わさっているものであり、競売物件すべてにこの書類が公開されています。こちらは裁判所が作成しており、この情報を元に入札者たちはどのような金額にするのかを決定するのです。

物件明細書には権利関係や目的の不動産がどのようなものなのかの情報が記されています。短いコメントで評価されているということもありますが、これらに注意しなければいけない項目が記載されていることもあります。気をつけましょう。

現況調査報告書は現地調査を行ったうえで、それをまとめた報告書となっています。公簿との違いや占有者の名前、状況などの重要なポイントが記載されています。変更点などもありますので、常に新しい情報を仕入れるようにしてください。

評価書は築年数やその状態、物件周辺の環境などといった詳細内容が記載されています。その物件の適正価格を評価した、その根拠が記載されているのです。そのため、ただでさえ情報が少ない競売物件においては、その不動産や近隣などの情報を知るためには欠かせないものとなっています。