競売物件を手に入れるなら
見ておくべきポイント!

競売物件とは

資産運用において不動産はミドルリスクミドルリターンと呼ばれ、人気が高いです。特に、サラリーマンなどの本業を持っている人は時間に余裕が無いため、しっかりと利益を生み出すことが出来れば放っておいても大丈夫な不動産運営に注目が集まりがちです。そんな中、低予算で魅力的な物件を手に入れることが出来ると言われている競売物件について興味を持つ人も少なくありません。それは一体どのようなものなのでしょうか。

まず、競売物件は誰でも参加できると言われていますが、その物件の所有者であった債務者、裁判所の定めた資格を持っていない人、さらには談合などの不正を行ったと認定された人は参加することが出来ません。注意してください。また、3点セットと呼ばれる裁判所が発行した資料が大きな力を持っています。物件明細書・現況調査書・評価書の3点は必ず目を通すようにして、必要があれば最新の情報を得るようにしましょう。しかし、本業を持っているとなかなかその情報を勝ち取るのは難しくなってきます。そのような人たちは代行業者の利用がおすすめです。この代行業者はサービス内容が手厚いことや成果報酬型の料金システムになっているのかどうかをしっかり確認してから利用するようにしてください。

不動産というのは専門的な知識が無いと失敗すると言われる資産運用でもあります。しかし、資産運用のどれもがリスクを背負っており、そのリスクを専門的な知識でリカバーできるだけ不動産は安定していると言われることもあります。競売物件で利益を育てたい人は是非とも最後まで読んでいってください。